TOP「学び舎」講座>日々を生きるためのユング心理学2






ユング心理学とは、もともとは心理療法家であったユングの実践と経験から生まれたものです。誕生から100年経ったいまでも、ユング心理学は心理学や心理療法の専門家にとって重要なものでありつづけています。

だとしたら、ユング心理学は「専門家」のためのものなのでしょうか? 「専門家」ではない人がユング心理学を学ぶことはできないのでしょうか?
ユングはそのようには考えませんでした。むしろユング心理学は市民の共有財産、つまりみんなのものでなければならない、と。
いま、この世界を生きている私たちが私たち自身のために、日常の経験から出発してユング心理学を学ぶ。それがこのレクチャーの目標です。

ユング心理学にふれるのが初めてのかたはもちろん、学びを深めたいかた、日常の出来事や思いをもうひとつの視点から見つめ直してみたいかたにもおすすめの講座です。



この講座のレビューを見る📝


講師 大塚紳一郎(ユング派分析家候補生、公認心理師)
1980年、東京都に生まれる。2002年慶應義塾大学文学部卒。2009年甲南大学大学院人文科学研究科博士後期課程単位取得退学。2018年よりISAP(チューリッヒ)留学。訳書 ランク『出生外傷』(共訳、2013)メツル/カークランド編『不健康は悪なのか』(共訳、2015)ユング『ユング 夢分析論』(共訳、2016)同『心理療法の実践』(共訳、2018)同『分析心理学セミナー』(共訳、2019)チェインバーズ『心理学の7つの大罪』(2019)マーシュ『医師が死を語るとき』(2020、以上みすず書房)フェレンツィ『精神分析への最後の貢献』(共訳、岩崎学術出版社、2007)。


🎤大塚先生インタビュー 🎤


●ユング心理学に出会ったきっかけは?
高校生のころ、河合隼雄の著作集の第一巻、『ユング心理学入門』を手に取ったのが、最初の出会いです。ただ、その後それに向かって一生懸命頑張った…というわけではまったくありません・・・続きはこちら

●大学でも心理学が専門でしたか?
所属していたのは文化人類学で、じつは大学では心理学講義を落としているんです(笑)。でも卒業後の進路を考えた時・・・続きはこちら

それ以外にも大塚先生がよくわかる質問はこちらをどうぞ


■若松からのコメント■
私たちはこれから、日本語でまったく新しいユングに出会うことになる。それだけでなく、ユングが、また河合隼雄がいったように「大塚心理学」さえ目撃するだろう。 この予想は外れないと思う。


■前回ご受講された方のご感想■
・大塚先生の穏やかな話し方と内容の明瞭さで、時が経つのがあっと言う間でした。
・とても楽しく、興味の扉が更に開かれた学びの時間でした。前のめりに拝聴しています。
・「日々の中で生きるため」にという言葉にこめた意味がわかってきた気がしました。生活にユング心理学を生かすことが出来ればよいなと思います。


<各月のテーマと内容>月2回・全8回 zoom開催

※各回、講座内容は異なりますので、一回ずつでもお楽しみ頂けます。
※「読むと書く」会員様のみご参加頂けます。 会員証をお持ちでない方は、初めての方はこちらよりお申し込み下さい。
初めての方はアンケート・課題を当事務局で確認後のご入会およびご入金となりますので、 講座の4営業日前までのお申し込みとさせて頂きます。

※この講座は、録音をさせて頂く場合がございます(後日音声講座となる可能性がございます)。その際、ご質問のお声なども録音をされますので、あらかじめご了承下さい。お名前など個人が特定できる情報につきましては、削除をさせて頂きます

この講座のレビューを見る📝





●第一回 2021年6月8日(火)19:15~ 4,620円(税込) ※募集終了
 悩むこと

私たちはいろいろなきっかけで悩みます。悩みがあるのはもちろん辛いことですが、ある意味では、悩みがあるというのはちゃんと生きていることの証でもあります。ユングは悩みが私たちにとって避けることのできないもの、いや、私たちに必要なものだとさえ言います。身近な経験から、この言葉の意味を考えてみましょう。




●第二回 2021年6月22日(火)19:15~ 4,620円(税込) ※募集終了
 育てること

子育てを通じて人生が一変したと、多くの人が言います。育てるという体験には、こころにとって何か特別な意味があるようです。元型という見方を取り入れることによって、ユングはこの「育てる」という営みが持つ、独自の意味を探究していきました。育てることの難しさと、その意味について、考えてみましょう。




●第三回 2021年7月13日(火)19:15~ 4,620円(税込) ※募集終了
 夢を見ること

私たちが毎夜、見ている夢。この夢が持つ、生きることそのものにとっての意味を、ユング心理学は大切に考えます。夢を見るというのはいったいどういう体験なのでしょうか? 夢を真剣に受け止めるというのはどういうことなのでしょうか? ユング心理学のはじまりの問いに向き合ってみましょう。

※若松ゼミ『民藝四十年』第十一回と同日開催です。お申込みの際にご注意下さい。




●第四回 2021年7月27日(火)19:15~ 4,620円(税込) ※募集終了
 老いること

私たちはみな老い、やがて死んでいきます。年を重ね、もはやかつてのように生きることのできなくなった自分を受け入れるのは、けっして容易ではありません。けれども、老いを重ねることでしか向き合えない問いがあるとユング心理学は考えます。老いること、そのものの意味を問うてみましょう。




●第六回 2021年8月24日(火)19:15~ 4,620円(税込) ※募集終了
 癒すこと

ユングは何よりもまず心理療法家であり、精神科医でした。ユング派の心理療法とは何よりもまず心の病や傷つきを癒すための営みです。他者の心の病や傷つきを癒すために私たちに何ができるでしょうか?それは私たちにとって、どういう体験なのでしょうか? 臨床家ユングと一緒に考えてみましょう。




●第五回

2021年8月10日(火)

→2021年9月7日(火)19:15~ 4,620円(税込) ※募集終了
※こちらの回は日程変更となりました。
 変わること

自分の生き方そのものを大きく変えなければならない。生きていく中で、そんな瞬間が訪れることがあります。では、生き方を変える、本当の意味で自分が変わるというのはどういうことなのでしょうか? それには何が必要なのでしょうか? ユングが「個性化」という言葉に込めた意味と共に考えてみましょう。



●第七回 2021年9月14日(火)19:15~ 4,620円(税込) ※募集終了
 背くこと

私たちはときに間違いを犯します。それが些細な間違いであることもありますが、誰かを傷つけるものであることや、法や道徳に反するものであることもあります。悪とは善の欠如ではなく、それ自体で存在するものだ。ユングはそう言います。この言葉の意味を、私たち自身の経験から探っていきましょう。



●第八回 2021年9月28日(火)19:15~ 4,620円(税込)お申込み
 生きること:リプライズ

ひとまずの最終回です。かつてユングは、「元型は生きている中の典型的な状況と同じ数だけ存在する」と言いました。日々の典型的な状況を表す言葉である「動詞」からユング心理学をはじめたとき、私たちに見えてきたのはどんな景色だったでしょうか? 元型と「生きること」。その関わりをもう一度問い直してみましょう。



<その他詳細>

【開催日時】 2021年6月より月2回・4か月間。全8回。※すべてzoom開催
19:15-21:00(15分程度の休憩、質疑応答含む)
【受講料】 各回4,620円(税込)
【最少催行人数】 10名
【申込み期限】講座の前営業日9:00まで(コンビニ決済の方は、期限までにお支払いまでお済ませ下さい)
※「読むと書く」会員様のみご参加頂けます。 会員証をお持ちでない方は、事前にアンケート・課題などがございますので、4営業日前まで初めての方はこちらよりお申し込み下さい。
【持ち物】 特にありませんが、みすず書房や人文書院などから出版されているユングの著作のうち、御自身の関心に近いものを読んでおかれると、よりいっそう楽しんでいただけると思います。

※この講座は、録音をさせて頂く場合がございます(後日音声講座となる可能性がございます)。その際、ご質問のお声なども録音をされますので、あらかじめご了承下さい。お名前など個人が特定できる情報につきましては、削除をさせて頂きます。

🎤大塚先生インタビュー 🎤


●ユング心理学に出会ったきっかけは?

 高校生のころ、河合隼雄の著作集の第一巻、『ユング心理学入門』を手に取ったのが、最初の出会いです。その本には「ユング派の分析家」という職業も書いてあり、これを自分の生き方にするということを、そのころにもう決めていました。

 高校2年生か3年生のころ、河合隼雄の著作集の第一巻、『ユング心理学入門』を手に取ったのが、たぶんいちばん最初の出会いです。その本の中に「ユング派の分析家」という職業のことも書かれていました。だれにも言わなかったんですけれど、それを自分の生き方にするということも、じつはそのときにもう決めてしまいました。
 ただ、その後それに向かって一生懸命頑張った……というわけではまったくありません。心理学とは関係のない本を読んだり、サッカーをしたり、好きな女の子をデートに誘ったりと、ふつうに高校生、大学生としての時間を過ごしていました。


●大学でも心理学が専門でしたか?

 所属していたのは文化人類学で、じつは大学では心理学講義を落としているんです(笑)。でも卒業後の進路を考えた時、ユング心理学にしか大人になる道が見つけられなかった。そこで大学院で臨床心理士としての基本的な勉強をして、そこから10年近くスクールカウンセラーや病院のカウンセラーを続けて、ユング心理学の分析家を目指しはじめました。

 大学では文学部を選んで、もちろん心理学の講義も受けました。そこで驚いてしまったんですが、最初の5回ぐらいまで出席してみても、ネズミとかイヌとかネコとかの実験ばっかりで、いつまで経っても講義に人間が登場してこなかったんです。いま振り返ってみると、それも大切な勉強だとわかるんですが、当時はショックを受けてしまって。「これは違う」と思って、途中で参加しなくなってしまいました。だから、大学では心理学の単位を落としちゃってるんです(笑)

 所属していたのは文化人類学のゼミです。御嶽信仰のフィールドワークに連れて行ってもらったりして、のびのび過ごさせてもらいました。でも、いよいよ卒業後の進路を考えなきゃいけなくなったときに、臨床心理士になるより他に自分が大人になる道を思いつかなかった。だから、それを目指して進まざるをえなくなったんです。

 と言うと何だか大袈裟な言い方だと思われてしまうかもしれませんが、本当に基本的なこと、普通だったらできて当たり前のことができないのです。税金や公共料金なんかの公的な手続きを忘れてしまったり、ものをなくしてしまったりなんていうのはいまでもしょっちゅうあります。事務的な書類を作らなきゃいけないときは、必ずと言っていいくらい、どこかで書き間違いをします。下手したら自分の名前を書き間違えたりすることもある。運転免許も持っていません。ぼくが運転する車なんて、怖くて乗りたくないですもの(笑)。
 だからとてもじゃないけど、同年代のみんなと一緒にリクルートスーツを着て、履歴書を書いて、というトライアルには参加できなかった。そんな中で唯一思いついたのが、大学院に行って臨床心理士になるという道だったのです。

 大学院というのは臨床心理士を養成するところであって、ユング心理学だけを勉強するところではありません。僕はユング派の分析家の横山博先生が在籍している大学院に行ったんですが、大学院で学ぶことのなかでユング心理学はごく一部で、一般的な意味での心理学やいろいろな心理療法を学んだ…というより、あれこれ見聞きさせてもらいました。とても勉強になった。そこから10年近くはスクールカウンセラーや病院のカウンセラーといった、普通の臨床心理士としての仕事を続けました。ユング心理学の分析家を目指しはじめたのは、30代の中ごろになってからのことです。


●臨床心理士のお仕事から、ユング心理学の分析家への道のりは?

 自分の臨床心理士の仕事のなかでは、ユング心理学っぽいことを出さないように意識していました。それは僕がやりたいことであって、いまここで必要とされていることではないという区別は、すごく考えていたと思います。

 たとえばスクールカウンセラーとして地域の学校に行って、生徒や児童の親御さんの相談を受けたりするときに、具体的で、すぐにはじめることのできるアイディアを提案するというのは、臨床心理士の大切な役割のひとつです。ただ、そういう仕事に関しては、ユング心理学の出番はあまり多くありません。ユング心理学は無関係とまでは言えないけれど、少なくともあまり得意な分野ではない。「役に立つ」ということに限って言うと、ユング心理学よりも得意な心理学や心理療法は他にたくさんあります。

 ですから、普段の臨床心理士としての仕事では、自分の中の「ユング心理学」があまり顔を出さないように、むしろそちらの方を意識していました。それはぼくがやりたいことであって、いまここで必要とされていることではない。そういう区別は、いつでも大切にしてきたつもりです。
 ただ、だからこそ一方で、かなり早い段階で、どこかのタイミングで臨床心理士の仕事はいったん辞めて、ユング派の分析家の訓練を始めるということも決めていました。少なくとも2年間はスイスに行くという生活、つまりその段階では臨床心理士の仕事を辞めるということも、かなりはっきり決めていたんです。


●ユング心理学の、どのようなところにひかれましたか?

 僕がユング心理学に関心をもってきたというのは条件の半分で、実感としては、ユング心理学も僕に関心を持ってくれていた、必要としてくれていた、という感じがあります。 本当に好きなものこそ、自分の人生、あるいは自分の一部になっているということだと思うんです。

 たとえば結婚している人に「パートナーのどういうところが好きなんですか?」って訊いてみても、はっきりとした答えってなかなか返ってこないですよね。「何となく」っていう答えが、一番多いんじゃないかな。それと似ている気がします。この道で生きていくというのは、最初にお話ししたとおり、振り返ってみると高校生のころには決めていた。それって、ちゃんとした恋愛がはじまるときに「この人と一緒になるんだろうな」と何となくわかってしまう、あの感じによく似ています。この相手とは長く、一緒に生きていけるはずだっていう、根拠のない確信のことです。

  ただし、僕がユング心理学に関心をもってきたというのは、あくまで「半分」です。おかしな言い方だと思われるかもしれませんが、ユング心理学もぼくに関心を持ってくれていた、必要としてくれていたという実感があるのです。たとえば、ユングのテクストの翻訳をする機会に恵まれたときに、そんなふうに思ったりします。「これって片想いじゃないんじゃないかな」って。分析家になるための訓練もそうですが、そういう機会を与えつづけてもらっているというのが、ぼくがユング心理学との関係を持続できている大きな理由なのだと思います。

  本当に大切なものこそ、自分の人生、あるいは自分の一部になってしまうんじゃないでしょうか。自分の右手がどういうふうに自分にとって大切な存在なのかを、誰かに説明するのってむずかしいですよね。ぼくにとって、ユング心理学はそういう存在なんです。


●専門家でない人がユング心理学を学ぶことの意味は?

 それはユングの信念であったと思います。ユング心理学は専門家に独占されるものであってはいけないということをユングはいろんなところで言っています。自分の人生と重ね合わせて連想しながら考えていけるのは、ユング心理学のいいところなんじゃないかな。

 それはユングの信念そのものでした。ユング心理学は専門家に独占されるものであってはいけないと、ユングはいろんなところで言っているんです。グッゲンビュール・クレイグという分析家もこんな風に言っています。「ユング心理学は資産家とか知識人とか、そういうエリートのためにあるんじゃなくて、ホームレスの人とか、売春をして生計を立てている人とか、そういうさまざまな苦しい場所にいる人々のために存在しなきゃいけないんだ」と。ぼくもそれはとても大切なことだと思っています。だから、こういう公開レクチャーが専門家ではない参加者の皆さんにとってユング心理学にふれる機会になっているのだとしたら、それはぼくにとってもうれしいことです。

  ぼくがお話ししたテーマから、参加者の皆さんがそれぞれ、ご自分の人生と重ね合わせながら、自分にとってのユング心理学の意味を見つけているようですね。そんな風に、誰もが自分の人生と重ね合わせて考えていけるっていうのは、ユング心理学のいいところなんじゃないかな。


●ご愛読書(the book)を一冊、教えてください。

 『Jung’s Map of the Soul』ですね。初めて読んだ時はもうほとんど理解できなかった。けれど、もっと知りたいという気持ちをすごく強く起こさせてくれました。スイスに留学するときにもこの本にはすごく大きな意味、役割がありました。最近は関連書の翻訳もしたり、ほんとうにいろいろな意味で、スペシャルな一冊です。

  いま思い浮かんだのは、ちょうど手元にあるこの本ですね。ユング派分析家のマリー・スタインという人が書いた本でJung’s Map of the Soul: An Introductionというものです。
 これも大学生のときに読んだ本です。河合隼雄の本はよく理解できたという、満足感を与えてくれたのだけれど、この本は当時のぼくにはほとんど太刀打ちできなかった。ただ、理解できないんだけれど、もっと知りたいという気持ちを、強くかき立ててくれたんです。わからないけど知りたいというのは、とても大切な経験だと思います。それを教えてくれたのがこの本です。

  そしてこの本はいまはさらに、ぼくにとって大切なものになりました。というのも、留学を具体的に考えるようになったとき、いくつか選択肢があったんですが、結局ISAP(International School of Analytical Psychology Zurich)というところを選んだのは、この本の著者のスタイン先生がそこにいるという理由からだったんですよ。この本との最初の出会いがあまりにも強烈だったので、この本の著者の先生から教わりたいと自然と思うようになったんですね。

  だから、ぼくの人生のなかでもっとも大きな意味を持っている本と言われたら、あんがいユング自身の本ではなくて、このJung’s Map of the Soulかもしれません。そういえば、スタイン先生ご本人にそうお伝えしたら、本にサインをしてくれました(笑)

  この本に関しては、最近になってもうひとつご縁が生まれました。BTSっていう韓国のボーイズグループが発表したアルバムのタイトルがMap of the Soul: Personaだったんです。つまり、この本をモチーフにした作品を作り出してくれたわけです。そしてそれは素晴らしい内容のものでした。
 その後、このBTSのファンの人たち──ARMYと言うのですが──に向けた、Map of the Soul: 7 Persona, Shadow and Ego in the World of BTSという本をスタイン先生が書かれたんですが、じつはその本の日本語版の翻訳がちょうど終わったところなんですよ。
  いろいろな意味で、このJung’s Map of the Soulという本は、僕にとってスペシャルな一冊です。





<参加条件>

・「読むと書く」会員様(会員証をお持ちの方)のみご参加頂けます。
会員証をお持ちでない方は、初めての方はこちらよりお申し込み下さい。
初めての方はアンケート・課題を当事務局で確認後のご入会およびご入金となりますので、 講座の4営業日前までのお申し込みとさせて頂きます。

(学び舎会員様の新規受付は終了しました。既存の学び舎会員様は、学び舎講座にご参加頂けます。)

<受講までの流れ>

1 .お申込みボタンから決裁をして下さい。
(決済ページstoresに移動します。storesの会員登録は事務局の会員登録とは異なります。ゲストでもご決済頂けますが、stores会員登録をされますと、次回より登録情報の入力が省略できます。)
※コンビニ払いを選んだ方は、払い込みが完了した時点でお申込確定となります。
2. 決裁後にダウンロードできるPDFにて、詳細を確認して下さい。
3. 受講にあたってのご案内(聴講URLなど)、レジュメは講座前営業日(土日祝等休日を除く)13:00までにメールにてお送り致しますので、必ずご確認下さい。 ☆ご案内の送付日が講座前営業日へと変更となりました!
※万が一届かない場合には、前営業日(土日祝等休日を除く)の17時までにご連絡頂けますようお願い致します。そちらを過ぎますとご対応が難しくなり、その場合の責任はおいかねますことあらかじめご了承下さい。
4. 受講当日



※コンビニ払いを選んだ方は、払い込みが完了した時点でお申込確定となります。
※記載の最低催行人数に満たず、開催しないことが決定しました際には、開催日を含めて3日前までにお知らせ致します。
※ご受講料お支払い後のキャンセルはご欠席としてお取り扱いさせていただいております。ご返金や別の講座へのお振替えはできかねますので、あらかじめご了承下さい。
※講師の業務スケジュールにより、日程や時間を変更させて頂く可能性がございます。
※天候や災害あるいは講師の急病など、講座が開催できない状況が発生した場合は、皆さまのメールアドレスもしくはお申込み時にお知らせ頂いた緊急連絡先にご連絡を差し上げるとともに、 講座当日の9時ごろに、「読むと書く」公式ツイッターにてお知らせをいたします。それまでにも決まった時点で何かある場合はツイートしますので、随時ご覧いただけますと幸いです。
ツイッターアカウント:https://twitter.com/yomutokaku_info
ご希望の連絡手段でご連絡のとれない場合は、ツイッターにてご確認いただけたものとさせていただき、責任を負いかねますので、誠に恐れ入りますがご諒承くださいませ。なお、通常通り開催の場合は、ツイートはいたしません。
※過去にはまだございませんが、万一、当方の事情で不開催となった際には、後日、講座参加費をご返金致します。(なお、入会金、各自の交通費や宿泊費はご返金できませんことをあらかじめご了承下さい。)





若松英輔「読むと書く」運営事務局
E-mail :info@yomutokaku.jp
営業時間:月-金/9~17時(祝祭日・当社規定の休日を除く)
※営業時間外に頂いたご連絡は、翌営業日以降にご対応させて頂きます。