>講座や作品作りの初心者も大歓迎!


講座の課題などで文章を書いてはいても、書けているのかわからない、これでいいのかどうか不安、という方もおられるのではないでしょうか。
作家などの書き手には、一篇、一冊を作るのに併走してくれる「編集者」がいます。
わたしたちがそのようにプロの手を借りるのはむずかしくとも、自身の中に「内なる編集者」を育てられたら、作品と向き合うのに大きな助けとなるでしょう。

この講座では、「内なる編集者」というもうひとつの眼を育てることを軸として、一冊の本を作り上げるための編集の「知識のいろは」、プロの編集者がどういった視点で作品を見るのか、作品を編集する方法から小見出しやタイトルの作り方などを、実践を通してお伝えしていきます。

第1部は、「編集」に関する必須の基礎知識、第2部は、基礎知識を知った上で、実際に手を動かしてもらいながら学びを深める「実践編」です。両方ご受講いただくのがおすすめです。

2020年8月開催の編集講座にご参加いただいた方にも、よりご自身の作品作りに近づく内容となりますため、たいへんおすすめです。

講師 白川貴浩(編集者)
2012年、NHK出版入社。主に教養書の編集・プロモーションをおこなう。担当書に『これからの本屋読本』(内沼晋太郎)『14歳の教室 どう読みどう生きるか』(若松英輔)『「読む」って、どんなこと?』(高橋源一郎)『自分ごとの政治学』(中島岳志)『お経で読む仏教』(釈徹宗)など。2019年に「学びのきほん」を創刊、シリーズ累計23万部を突破。ここ数年は日本大学芸術学部で出版に関する講義をおこなっている。



■若松からのコメント■
 真剣に文章を書きたいと思う人は、よき表現者であるだけでなく、編集者、そして校正者の眼も育てていくとよいと思います。
もちろん、そう試みても、編集、校正の専門家には遠く及びません。しかし、そうした「眼」が「言葉」を「文章」に変貌させていくのです。
 多くの言葉を覚えても、巧みな表現方法を覚えても、「編集」のはたらきが十分でないとき、記された言葉は、記号のようになってしまい、意味のある文章にはならないのです。
 編集者の白川貴浩さんとは、長く仕事をしてきました。彼はいま、大学でも教鞭をとっています。彼の講座は本当におすすめです。


<講座詳細>

【開催日時】2021年1月30日(土)
第一部 13:00-14:45(休憩、質疑応答含む) お申込み
第二部 15:15-17:00(休憩、質疑応答含む) お申込み

※「読むと書く」会員様のみご参加頂けます。 会員証をお持ちでない方は、初めての方はこちらよりお申し込み下さい。
初めての方はアンケート・課題を当事務局で確認後のご入会およびご入金となりますので、 講座の4営業日前までのお申し込みとさせて頂きます。

【講義の内容】 
第一部:編集者の「視点」を身につける
そもそも編集者はどんな「視点」で本を編集しているのか、「内なる編集者」をもつための解説をします。その上で、本の企画から完成までに編集者が何をしているのか、その一連の流れを共有します。さらに、造本・組版・校正・デザイン・イラスト・紙・製本・流通など、基礎知識を厳選して解説し、本の全体像を浮き彫りにします。
※2020年8月に行われた「一冊の本ができるまで」講座より、より「自分の本をつくる」ということにクローズアップした詳しい講座です。8月の講座をご受講された方も、また新たな視点でお楽しみ頂けます。

第二部:編集を「実践」してみる
原稿を編集する方法から小見出しやタイトルの作り方まで。第1部の「基礎」を理解したうえで、実際に手を動かしてもらいながら学びを深めていく「実習」をおこないます。なお、第2部では、実際に編集作業を経験してみたうえでの質疑の時間を取り、対話を深めながら学びを進めていきます。

【受講料】各4,620円(税込)
【開催形式】 zoom開催
【回数】 全2回
【最少催行人数】 10名
【持ち物】 赤ペンと黒の鉛筆をご用意ください。
当日に使用する資料をPDFにて配布予定です。第2部を受講の方は、「実践」に使う資料を印刷しておいて下さい。

【申込み期限】2021年1月29日(金)9:00まで(コンビニ決済の方は、期限までにお支払いまでお済ませ下さい)
※初めての方はアンケート・課題を当事務局で確認後のご入会およびご入金となりますので、 講座の4営業日前までのお申し込みとさせて頂きます。

※この講座は、録音をさせて頂きます(後日音声講座となる可能性がございます)。ご質問のお声なども録音をされますので、あらかじめご了承下さい。



<参加条件>

・「読むと書く」会員様(会員証をお持ちの方)のみご参加頂けます。
会員証をお持ちでない方は、初めての方はこちらよりお申し込み下さい。
初めての方はアンケート・課題を当事務局で確認後のご入会およびご入金となりますので、 講座の4営業日前までのお申し込みとさせて頂きます。

(学び舎会員様の新規受付は終了しました。既存の学び舎会員様は、学び舎講座にご参加頂けます。)

<受講までの流れ>

1. お申込みボタンから決済をして下さい。
(決済ページstoresに移動します。storesの会員登録は事務局の会員登録とは異なります。ゲストでもご決済頂けますが、stores会員登録をされますと、次回より登録情報の入力が省略できます。)
※コンビニ払いを選んだ方は、払い込みが完了した時点でお申込確定となります。
2. 決済後にダウンロードできるPDFにて、詳細を確認して下さい。
3. zoomの場合は、zoom受講にあたってのご案内(聴講URLなど)がメールで送られてきます(講座3日前まで)
4. zoom開催でレジュメがある場合は、PDFにて送られてきます(前日まで)。
5. 受講当日



※コンビニ払いを選んだ方は、払い込みが完了した時点でお申込確定となります。
※記載の最低催行人数に満たず、開催しないことが決定しました際には、開催日を含めて3日前までにお知らせ致します。
※ご受講料お支払い後のキャンセルはご欠席としてお取り扱いさせていただいております。ご返金や別の講座へのお振替えはできかねますので、あらかじめご了承下さい。
※講師の業務スケジュールにより、日程や時間を変更させて頂く可能性がございます。
※天候や災害あるいは講師の急病など、講座が開催できない状況が発生した場合は、皆さまのメールアドレスもしくはお申込み時にお知らせ頂いた緊急連絡先にご連絡を差し上げるとともに、 講座当日の9時ごろに、「読むと書く」公式ツイッターにてお知らせをいたします。それまでにも決まった時点で何かある場合はツイートしますので、随時ご覧いただけますと幸いです。
ツイッターアカウント:https://twitter.com/yomutokaku_info
ご希望の連絡手段でご連絡のとれない場合は、ツイッターにてご確認いただけたものとさせていただき、責任を負いかねますので、誠に恐れ入りますがご諒承くださいませ。なお、通常通り開催の場合は、ツイートはいたしません。
※過去にはまだございませんが、万一、当方の事情で不開催となった際には、後日、講座参加費をご返金致します。(なお、入会金、各自の交通費や宿泊費はご返金できませんことをあらかじめご了承下さい。)