TOP>下北沢教室
☆若松厳選の本屋「モクレン文庫」オープン!くわしくはこちら


■新型コロナウイルスの感染予防対策に関して(お申し込み前にご確認下さい)


教室とzoomでの参加を併用した、会員専用の講座です。
「読むと書く」の秘密を体験する特別な時間をお過ごし下さい。

毎回1冊の著書をとりあげ、そこにテーマを設定して、講師(若松英輔)とともに読み解いていきます。
一人で読むことでは決して得られない気づきや驚きが必ずあります。終了後には、600字程度のエッセーなどを書く課題を持ち帰り頂き、後日ご提出頂いた際には、 若松がコメントやアドバイスをお書きしてお戻しする<特典>が付いています。(提出は義務ではございませんが、若松からのコメントは皆さまの大きな励みとなっているようです)
また、テーマに添って短い文章を書く時間やグループディスカッションの時間がある場合もございます。 (個々での発表などは強制されませんのでご安心下さい)。

休憩も含め約3〜4時間程度(講座によりますので募集内容をご確認下さい)の長めの講座ですが、初めての方にも楽しんで頂いております。

《 若松からのコメント 》
 この講座は、従来の読書会や講演会、文章教室とはまったく異なる性質のものです。
受講者はレジュメにある引用文や講師からの促しを頼りに、作者が伝えようとしていた世界のみならず、作者さえも意図していなかった深遠なコトバによる意味の世界へと進んでいきます。
 また、「読む」と「書く」は吸うと吐くの呼吸のようなものです。どちらか一方だけでも良くありません。「聞く」と「話す」も同じ関係です。 片方が上手になれば、必ずもう一方も上手くなります。また良く読めることは人の話が良く聞けることにつながります。書くと話すも同様です。
私たちはもっと自由にこのような作業ができるはずですが、今までの学校教育のなかで凝り固まって、筋肉が動かなくなっている状態です。
 この講座では、名著に本当の意味で出会っていくことを通じて、その人がその人らしく考え、表現する、という(誰もが本来持つ)力を開花させていくことを大きな目標にしています。



<講座受講までの流れ>

1.申込フォームからお申込み
2.アンケート及び課題のご提出(初めての方のみ)
3.合格のご案内およびご入金のご案内(メールにてお送りします)
4.ご入金
5.会員証及び規約のお受け取り(メール)
6.講座当日(課題テキストと筆記用具をお持ち下さい。初めての方は会員証もご持参下さい)
【会場】下北沢教室:小田急線および井の頭線 下北沢駅より徒歩4分。ご受講の方にご案内いたします。

※アンケートおよび課題は難しいものではございません。お気軽にお申込み下さい。(2回目以降はアンケート及び課題は不要です)
※文章をお書きになることをお仕事とされている方のご参加は、ご遠慮いただいております。
※初めての方は入会金+税を頂戴致します。
※先にお申し込みの方で満席となりましたら、キャンセル待ちをいただく場合がございます。
※各講座は、録音をさせて頂く場合がございます(後日音声講座となる可能性がございます)。その際、朗読やご質問のお声なども録音をされますので、あらかじめご了承下さい。お名前など個人が特定できる情報につきましては、削除をさせて頂きます。
☆教室受講にてお申込の方が、教室にお越しになれなくなった場合には、zoomへのご変更も承っております。(前営業日の営業時間内(月―金:9-17時、祝祭日などを除く)までにご連絡下さい。)
☆講師の都合による休講や日程の変更を除き、お休みをされた場合の振替やご返金はございませんが、講座開始前までにご連絡を頂けましたら、講義を録音したものを後日お送り致します。なお収録の状況によりましては音声がお送りできない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

 現在募集中の講座一覧 


◆叡知と愛と光の哲学――井筒俊彦『神秘哲学』(ギリシアの部)を読む


 『神秘哲学』は、若き井筒俊彦の代表作であり、『意識と本質』と並ぶ彼の主著です。この本で井筒は、古代ギリシアの詩人から語り始め、ヘラクレイトス、パルメニデスなどの「ソクラテス以前の哲学者」、そしてプラトン、アリストテレスを経て、ローマ時代の哲学者プロティノスまでを論じています。
 井筒にとって「神秘哲学」とは、「語られざる哲学」であるとともに「語り得ない哲学」であり、そして、それは知性の営みであるだけでなく、人間の救済にまで直結するものでした。「哲学は人間を救い得るのか」という根本問題をこの本を通じて、皆さんと考えてみたいと思います。 (講師:若松英輔)

【定員】教室12名、zoom定員なし ※夏期は教室8名となる場合がございます。
【会場】下北沢教室(会員証内の住所をご確認ください)
【時間数】13:00〜17:00(休憩あり)
【受講料】13,750円(税込)
【課題】含まれています
【テキスト】井筒俊彦『神秘哲学』(岩波文庫)
【申込み期限】講座の前営業日9:00まで(コンビニ決済の方は、期限までにお支払いまでお済ませ下さい)
※「読むと書く」会員様のみご参加頂けます。 会員証をお持ちでない方は、事前にアンケート・課題などがございますので、4営業日前まで初めての方はこちらよりお申し込み下さい。

【日程】
NEW!■第6回 2022年9月4日(日)13:00-17:00
・教室受講ご希望の方→ こちらよりお申込み下さい 教室お申込み
・Zoom受講ご希望の方→ こちらよりお申込み下さい Zoomお申込み


※各講座は、録音をさせて頂く場合がございます(後日音声講座となる可能性がございます)。その際、朗読やご質問のお声なども録音をされますので、あらかじめご了承下さい。お名前など個人が特定できる情報につきましては、削除をさせて頂きます。



◆人生の声を言葉にする――エッセイ・随想入門 ※募集終了


 もしも、ある確かな手応えをもって、原稿用紙3〜4枚、およそ1,200〜1,500文字のエッセイを書くことができれば、「書く」という行為において相当の自由を身につけることができます。
「書く」ことを深めたいならば、一気に長文を書くのはおすすめできません。600、800、1,200といったように徐々に文字数を増やしながら、同時に濃密な言葉を紡いでいくのが得策です。
また、エッセイにおいて「引用」のはたらきもまた、「書く」のと同等程度に重要なものです。つまり、「読む」ちからが、エッセイには重要なのです。
この講座では、深く「読む」とは何かを考えつつ、半年間のあいだに1200文字程度の作品を「完成」させることを目標にします。
1,200文字を書くだけならけっして難しくありません。この講座では、新しい自分に出会うための1,200文字を皆さんと経験してみたいと思っています。 (講師:若松英輔)

※講座日の一週間前までに各自1編のエッセイをご提出頂きます。参加者には個別にメールにてご案内致します。


【講座の種類】グループ講座(単発)
【会場】下北沢教室(会員証内の住所をご確認ください)
【最低催行人数】6名
【時間数】3時間30分(内休憩10分×3)
【受講料】11,000円(税込)
【課題】含まれています
【テキスト】川端康成『美しい日本の私』 (角川ソフィア文庫)
【その他のご案内】
※他のゼミ同様、講師の都合による休講や日程の変更を除き、お休みをされた場合の振替やご返金はございません。
お休みをされる場合には、講座開催時間までにメールにてご連絡下さい。事前にご連絡を頂いた場合のみ、録音したものを、後日レジュメとともにお送り致します。(参加者の作品についての講評や話し合いなどの部分は含まれません)。なお、収録に不備があった際にはお送りできない場合もございますことあらかじめご了承下さい。事前に課題をご提出頂いた場合には、講師が添削をしてお返し致します。
※6〜9月の夏期は、教室内の室温などの状況をかんがみまして、教室受講の方から何名様か、zoom受講へのご変更をお願いする場合がございます。その際はご協力頂けますと幸いでございます。

【日程】
■第1回 2022年5月29日(日)13:00-16:30
■第2回 2022年6月19日(日)13:00-16:30
■第3回 2022年7月24日(日)13:00-16:30
■第4回 2022年8月21日(日)13:00-16:30
■第5回 2022年9月18日(日)13:00-16:30
■第6回 2022年10月23日(日)13:00-16:30


※各講座は、録音をさせて頂く場合がございます(後日音声講座となる可能性がございます)。その際、朗読やご質問のお声なども録音をされますので、あらかじめご了承下さい。お名前など個人が特定できる情報につきましては、削除をさせて頂きます。



詩を読み、詩を書く 〜内なる詩人に出会う道〜(22年9月-23年2月期)※募集終了


 このゼミでは、詩とは何かを学ぶ(詩学)だけでなく、事前に書いていただいた詩をともに読み合い、ともに考える実践を行います。
詩をもっとも深く味わう方法は、詩を深く書くことです。しかし、ひとりで詩を書いているだけでは、迷路に迷い込んでしまうこともあるかもしれません。また、仲間が読んでくれるという環境のなかで言葉を紡げることで、より開かれたかたちで詩が生まれてくるのではないでしょうか。
(講評やアドバイスは講師のみが行います。参加者にはそれぞれの詩が秘めている深い思いや輝きを見つける力を養って頂きます。詩を書くのが初めての方でも安心してご参加ください。はじめはまとまりのない2,3行の文章でも構いません。人と比べる必要はまったくありません。すべての講座を終える頃には、きっとご自身の内なる詩人の存在に驚かれるはずです。)

この講座は、状況が許すかぎり、対面式の講義を取り入れながら、また、zoomも併用しながら行います。「言葉」「ひびき」「色」「香り」「音」「熱」など、さまざまな詩の要素を学びながら、「書く」という経験を皆さんと深めてみたいと思います。

※この講座は、22年1月-6月期の続きとなりますが、テキストも新しくなりますため、今回から新たにご参加頂くことも大歓迎です。安心してご参加頂けます。
※講座日の一週間前までに各自1編の詩をご提出頂きます。参加者には個別にメールにてご案内致します。

【定員】教室12名、zoom18名
【会場】下北沢教室(会員証内の住所をご確認ください)
【最低催行人数】6名
【時間数】3時間30分(内休憩10分×3)
【受講料】全6回66,000円(税込)※2,000円stores割引クーポン付き
【課題】含まれています
【テキスト】永瀬清子『短章集』(思潮社)
※こちらは現在、入手困難となっておりますため、事務局でご用意もしております。ご希望の方は、テキスト付きをお申込下さい。(+1,278円 送料込)
【その他のご案内】
※他のゼミ同様、講師の都合による休講や日程の変更を除き、お休みをされた場合の振替やご返金はございません。
お休みをされる場合には、講座開催時間までにメールにてご連絡下さい。事前にご連絡を頂いた場合のみ、課題図書についての講師の講義部分を録音したものを、後日レジュメとともにお送り致します。(参加者の作品についての講評や話し合いなどの部分は含まれません)。なお、収録に不備があった際にはお送りできない場合もございますことあらかじめご了承下さい。事前に課題をご提出頂いた場合には、講師が添削をしてお返し致します。

【日程】
第1回 2022年9月25日(日)13:00-16:30
第2回 2022年10月30日(日)13:00-16:30
第3回 2022年11月27日(日)13:00-16:30
第4回 2022年12月18日(日)13:00-16:30
第5回 2023年1月29日(日)13:00-16:30
第6回 2023年2月26日(日)13:00-16:30

・教室受講 ※満席のため募集を終了しました。
・Zoom受講 ※満席のため募集を終了しました。
※テキストもご一緒にご希望の場合は、(テキスト付)よりお申込下さい。
※テキストは、お申込み受領後、3営業日以内に発送いたします

※半年ごとの更新で1年を掛けて各自、1冊の詩集を編めるように指導していく予定です。
(事務局スタッフより)私家版の詩集の作り方などもご案内する予定です。
詩集が編めると中原中也賞などの文学賞に応募することもできます。もちろんご自身のため、大切な人に向けて、詩集を編まれるのも素晴らしい経験になると思います。
※講座は、録音をさせて頂きます。その際、朗読やご質問のお声なども録音をされますので、あらかじめご了承下さい。


※テキストは、出来るだけ事前に目を通してください。(一部でも大丈夫です)
※講座当日、テキストをご持参ください。
※記載の最低催行人数に満たず、催行しないことが決定しましたさいは、開催日を含めて3日前までにお知らせいたします。
※講師の業務スケジュールにより、日程や時間を変更させて頂く可能性がございます。
※過去にはまだそのような事態は起きておりませんが、万一、当方の事情で不開催となった際には、後日、講座参加費をご返金致します。 (なお、入会金、各自の交通費や宿泊費はご返金できませんことをあらかじめご了承ください。)
※参加費用お振込後のキャンセルにつきましては、ご返金や別の講座へのお振替えはできかねますので、あらかじめご了承ください。


若松英輔「読むと書く」運営事務局
E-mail :info@yomutokaku.jp
営業時間:月−金/9〜17時(祝祭日・当社規定の休日を除く)
※営業時間外に頂いたご連絡は、翌営業日以降にご対応させて頂きます。