ご自宅やお好きな場所で、お好きな時間にお聴き頂ける音声講座です。
読むことや書くことと向き合うことで、少しでも心が癒やされたり、穏やかな気持ちになったり、いつもの時間や生活に「人生の深まりや意味」を見い出すお手伝いができたらと、若松ともども願っております。


【講座内容】
・音声講座(URLクリックで簡単にお聴き頂けます)
・レジュメ
・課題提出&若松のコメント返送あり
・質疑応答(詳しくは下をご覧下さい)
※学び舎や入門編など、講座によっては形態が異なる(課題提出・質問・レジュメがないなど)ものもございます。

🎧【お試し版】読むと書く入門
🎧【お試し版】柳宗悦「美の法門」

ポイント1 普段の講座がご自宅でも
気軽に外出できない時や、遠方のかたでも。お好きな時間に、また、時間のないときは小分けに聞いてもOK。ご自身のペースでご受講頂けます。

ポイント2 課題提出&若松のコメント付き
通常の講座と同じように、課題提出もして頂けます。

ポイント3 ご質問に若松がお答えします
お一人様2問まで、ご質問を承ります。若松からのこたえを録音したものを、毎週アップ致します。

 ※学び舎や入門編など、講座によっては課題提出、質問がないものもございます。


【配信予定日】
各講座の詳細に記載がございます。

【販売期間】
配信日の9:00まで

【聴講期限】
配信より1ヶ月間

【お申し込み方法】
配信予定日のお申込みボタンより、お願い致します。(決済ページstoresに移動します。storesの会員登録は事務局の会員登録とは異なります。ゲストでもご決済頂けますが、stores会員登録をされますと、次回より登録情報の入力が省略できます。)

※音声講座は「読むと書く」会員様のみお申込み頂けます。
会員証をお持ちでない方は、初めての方はこちらよりお申し込み下さい。
初めての方はアンケート・課題を当事務局で確認後のご入会およびご入金となりますので、お申込のタイミングにより、配信が遅れる場合がございます。お早めにお申込下さい。
※文章をお書きになることをお仕事とされている方のご参加は、恐れ入りますがご遠慮頂いております。
※ご入会頂けない場合もございますので、あらかじめご了承下さい。
※初めての方は講座参加費に加え、入会金5,500円(税込)を頂戴いたします。





講座一覧

※音声講座は「読むと書く」会員様のみお申込み頂けます。会員証をお持ちでない方は、初めての方はこちらよりお申し込み下さい。
初めての方はアンケート・課題を当事務局で確認後のご入会およびご入金となりますので、お申込のタイミングにより、配信が遅れる場合がございます。お早めにお申込下さい。



 
 長いとはいえない、どちらかといえば短い講演録ですが、「読む」「書く」そして「感じる」「考える」ことの基盤になることが凝縮して、そして、とても平易な表現で語られています。まさに「読むと書く」入門といってよいテキストです。
 美というとらえがたいものを、深く認識しようとするとき、大切なのは沈黙すること、そして「じかに」対象に向き合うことだと、小林秀雄はいいます。
 知性は極めて重要なはたらきですが、知性だけでは、ものごとを深く受け止めることはできません。間接的に「知る」のではなく、直接的に「出会う」ために何が必要なのかを皆さんと考えてみたいと思います。(講師:若松英輔)

【受講料】6,050円(税込)
【講座時間】約90分(約45分×2)
【課題】含まれています
【質問受付】あり
【テキスト】小林秀雄『考えるヒント3』(文春文庫)

●配信予定日:2021年5月26日(水)お申込み



 
 『ユルスナールの靴』は、須賀敦子の「最後」の作品になりました。この本を脱稿してほどなく、彼女は病とたたかう日々を過ごすことになります。この本の主題の一つが「光と闇」です。現代フランスを代表する作家マルグリット・ユルスナールとの対話のなかで須賀敦子は、闇のなかに朽ちることない光を見出そうとします。彼女が感じている「闇」は、光が失われた状態ではなく、むしろ、人間が「光」と深く出会い直すための準備の場のようにも思われます。
 また、この作品は須賀敦子の「遺言」だといってよいかもしれません。この作品を味わいながら、須賀敦子が語ったことだけでなく、語り得ないと感じていたことも味わってみたいと思います。(講師:若松英輔)

【受講料】6,050円(税込)
【講座時間】約90分(約45分×2)
【課題】含まれています
【質問受付】あり
【テキスト】『須賀敦子全集』第三巻 (河出文庫)

●第五回 配信予定日:2021年5月19日(水)お申込み




 
 作家遠藤周作の代表作です。舞台は江戸時代の初期、キリスト教の禁教令が厳しさを増してきた時代です。主人公はイエズス会の司祭ロドリゴ。彼は日本にキリストの教えを広めるためにやってきました。困難の多いことは彼も知っていましたが、現実はより一層過酷でした。長崎奉行は、彼に信仰を棄てることを求めたのです。    
 信じるとは何か、あるいは信じるものを「棄てる」とはどういうことなのか。そして、真の意味で「学ぶ」とはどういう営みであるのかも考えてみたいと思います。(講師:若松英輔)

第一回は最初から第X章のおわり(158ページ)まで、第二回は、159ページからおわりまでとなる予定です。

【受講料】11,000円(税込)
【講座時間】約180分(約45分×4)
【課題】含まれています
【質問受付】あり
【テキスト】遠藤周作『沈黙』(新潮文庫)

●第一回 配信予定日:2021年5月12日(水)お申込み
●第二回 配信予定日:2021年5月26日(水)お申込み



 
 「死」は誰にとっても避けることのできない出来事であり、「生きる」上での最重要の問題ですが、それは遠藤周作の文学世界の基軸となるものでした。遠藤は『沈黙』をはじめ、さまざまな作品で死を描いてきました。
 『死について考える』は、遠藤周作が「書いた」作品ではなく「語られた」本です。しかし、それだからこそ、平易でありながら、同時に書いた文章とは異なる告白をかいま見ることができます。
 若いときに書店でこの本を手にしたときから、これまで、幾度となく読み返してきました。この本は遠藤周作の核にふれる隠れた扉の一つだと確信しています。
 この本を基軸にしつつ、他のエッセイにふれながら、この作家と共に「死」とは何か、その先に遠藤周作が何を見ていたのかを皆さんと確かめてみたいと思います。 (講師:若松英輔)

【受講料】11,000円(税込)
【講座時間】約180分(約45分×4)
【課題】含まれています
【質問受付】あり
【テキスト】】遠藤周作『死について考える』(光文社文庫)

●配信予定日:2021年5月19日(水)お申込み


<NEW>


 
  2020年7月、遠藤周作の未発表作品が発表されたという報道があり、世を騒がせました。作家の「未発表」作品の多くは、若き日の草稿などが多いのですが、遠藤の場合はまったく違った、文字通りの意味で秘められた秀作でした。
 この作品で遠藤は、自分の父、もっとも愛した母との関係を語ります。そして、「弱い」自分のことも。
 ユング心理学の元型を思わせる「母なるもの」は、遠藤周作の文学を読み解く重要な「鍵」です。しかしそれは同時に読者である私たちの心の秘密をかいま見る扉にもなるものです。未発表作品を中心に、この本に収められたいくつかの短編にふれながら、すべての人のなかにある「母なるもの」とは何かをめぐって考えを深めてみたいと思います。(講師:若松英輔)

【受講料】11,000円(税込)
【講座時間】約180分(約45分×4)
【課題】含まれています
【質問受付】あり
【テキスト】】遠藤周作『影に対して』(新潮社)

●配信予定日:2021年6月2日(水)お申込み


<NEW>
 
  イエスの弟子には、十二人の男性の弟子たちだけでなく、マグダラのマリアをはじめとした女性の弟子たちもいました。むしろ、イエスの最期まで寄り添ったのは母マリアをはじめとした女性たちでした。この本で遠藤周作は、そのようにイエスの近くにいた人たちだけでなく、病を生きる女性、あるいは虐げられた女性たちとイエスとの関係を語ります。
 この本の魅力は、光の当たらない人々とイエスとのまじわりを描き出しているだけではありません。ところどころで遠藤は、自分の人生の深いところにあって、自らを支え続けている出来事を語り始めます。
苦しみ、悲しむとき、人は自分の知らないところで、自らの生を深めている。そんな作家のつぶやきが聞こえてくる一冊なのです。
 この一冊を読み解くことで、真に人生を変える出来事と、私たちはどのように出会うのか、そうした出会いの秘義を皆さんと感じ直してみたいと思います。(講師:若松英輔)

【受講料】11,000円(税込)
【講座時間】約180分(約45分×4)
【課題】含まれています
【質問受付】あり
【テキスト】】遠藤周作『聖書のなかの女性たち』(講談社文庫)

●配信予定日:2021年6月16日(水)お申込み




<学び舎講座>

【受講料】各4,620円(税込) 【講座時間】約90分
※学び舎では、若松以外の講師をお呼びして、様々な講座を行っています。
※学び舎の音声講座は実際の講座を録音したものです。
※学び舎は、課題提出および質疑応答はございません。


 
  アウグスティヌス(354-430)の自伝的な著作である『告白』は、キリスト教文学・キリスト教思想の最大の古典です。
小説のような読みやすさと面白さで読者を惹きつけるこの著作のうちには、神、愛、善、悪、神秘、自由意志、出会いと別れ、生と死、時間と永遠など、キリスト教思想の、いや人生そのものの根本問題が凝縮して述べられています。

 様々な悩み苦しみを経つつ、アウグスティヌスの「自己」は何度も解体され、変容しつつ、自分自身と、隣人と、そして神と出会いなおしていきます。
様々な苦しみ・悲しみを抱きながら現代に生きる我々も、『告白』を読むことを通じて、アウグスティヌスの自己変容の物語を追体験しつつ、人生の出来事を受けとめながら新たな自己を築き上げていくための手がかりを得ることができます。

 今回の講座では、そのような観点から、『告白』を丁寧に通読していきます。
『告白』を冒頭から最後まで丁寧に読み解き、アウグスティヌスの思想と生涯を学ぶことを通じて、受講者のみなさんがこれらの根本問題に取り組んでいくための様々な手がかりを提供していきたいと考えています。

講師 東京大学教授 山本芳久
東京大学教授。1973年生まれ、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。専門は哲学・倫理学(西洋中世哲学・イスラーム哲学)、キリスト教学。『トマス・アクィナス 理性と神秘』(岩波新書)でサントリー学芸賞受賞。著書に『トマス・アクィナス 肯定の哲学』(慶應義塾大学出版会)、『トマス・アクィナスにおける人格(ペルソナ)の存在論』(知泉書館)がある。

■若松からのコメント■
『新約聖書』は別にして、キリスト教とは何かをもっとも平易に、そして豊かに語っているのがアウグスティヌスの『告白』です。キリスト教という狭い世界に限定されず、西洋哲学、神学、さらに文学が一つになった古典中の古典なのです。
神とは何か、たましいとは何か、あるいは生きる意味とは何かを照らし出す光に満ちた言葉であふれています。 この本がなければ、トマス・アクィナスの哲学もまったく変わっていたでしょうし、キリスト教そのものが大きくその姿を変えていたと思います。それだけでなく、この本はこれまで多くの哲学者、文学者にとってもさまざまな影響を与えてきました。
「キリスト教とは何か」という問題だけでなく、「わたしとは何か」という問題においても、この本はゆたかな、そして、たしかな叡知を読む者に与えてくれます。
講師の山本芳久さんは、この本を原書で深く、長く、読んできました。現代日本でこの本を語るのに、もっともふさわしい方です。私も多くを学びたいと思っています。ぜひ、ご参加ください。



※一つのテーマを2回に分け、内容を深めて参ります。各回、講座内容は異なりますので、一回ずつでもお楽しみ頂けます。
※テキストとして、アウグスティヌス『告白(I, II, III)』中公文庫(2014年)を各自お手元にご用意下さい。


●第9回 配信予定日:2021年5月12日(水)お申込み
●第10回 配信予定日:2021年5月12日(水)お申込み
『告白』第九巻・第十巻
第九巻においては、アウグスティヌスの洗礼と母モニカの死、母の死の直前に二人で経験した美しい神秘体験などについて分析します。第十巻は、アウグスティヌスが過去の自己ではなく、現在の自己がどのようなものであるのかを分析する部分であり、「記憶」についての有名な議論が展開されていきます。

●第11回 配信予定日:2021年6月2日(水)お申込み
●第12回 配信予定日:2021年6月2日(水)お申込み
『告白』第十一巻・第十二巻・第十三巻
『告白』の最終部である第11-13巻では、『旧約聖書』冒頭の「創世記」についての詳細な解釈が述べられます。そこで展開される「時間」についての哲学的な考察は、哲学史上最も有名な時間論の一つとなっています。アウグスティヌスの豊かな聖書解釈を味わいつつ、『告白』の全体をあらためて振り返り、まとめとします。

※レジュメはない場合がございます。
※学び舎講座は、ご質問、課題提出はございません。



 

ユング心理学とは、もともとは心理療法家であったユングの実践と経験から生まれたものです。誕生から100年経ったいまでも、ユング心理学は心理学や心理療法の専門家にとって重要なものでありつづけています。

だとしたら、ユング心理学は「専門家」のためのものなのでしょうか? 「専門家」ではない人がユング心理学を学ぶことはできないのでしょうか?
ユングはそのようには考えませんでした。むしろユング心理学は市民の共有財産、つまりみんなのものでなければならない、と。
いま、この世界を生きている私たちが私たち自身のために、日常の経験から出発してユング心理学を学ぶ。それがこのレクチャーの目標です。

ユング心理学にふれるのが初めてのかたはもちろん、学びを深めたいかた、日常の出来事や思いをもうひとつの視点から見つめ直してみたいかたにもおすすめの講座です。

講師 大塚紳一郎(ユング派分析家候補生、臨床心理士、公認心理師)
1980年、東京都に生まれる。2002年慶應義塾大学文学部卒。2009年甲南大学大学院人文科学研究科博士後期課程単位取得退学。2018年よりISAP(チューリッヒ)留学。訳書 ランク『出生外傷』(共訳、2013)メツル/カークランド編『不健康は悪なのか』(共訳、2015)ユング『ユング 夢分析論』(共訳、2016)同『心理療法の実践』(共訳、2018)同『分析心理学セミナー』(共訳、2019)チェインバーズ『心理学の7つの大罪』(2019)マーシュ『医師が死を語るとき』(2020、以上みすず書房)フェレンツィ『精神分析への最後の貢献』(共訳、岩崎学術出版社、2007)。

※各回、講座内容は異なりますので、一回ずつでもお楽しみ頂けます。

●第3回 配信予定日:2021年5月19日(水)お申込み
感じること
私たちにとって感情とはどのようなものでしょうか? 喜怒哀楽の感情は私たちが生きる上で欠くことのできないものである一方で、たとえば「感情的になる」という表現には明らかに非難のニュアンスがあります。「感じる」という心の働きについて、ユングのタイプ論から考えていきましょう。

●第4回 配信予定日:2021年5月19日(水)お申込み
書く/描くこと
文章を書くことや、絵や図表を描くことは(ある意味では)私たちにとってありふれた行為です。けれども、ユングはこの書く/描くことが私たちにとって特別な意味を持つ営みだと考えました。ユングの臨床実践も参照しながら、書く/描くことの心理学にチャレンジしてみましょう。

●第5回 配信予定日:2021年6月16日(水)お申込み
働くこと
仕事とは単なる金銭を得るための手段ではありません。働くというのは私たちが生きることに意味を見出すための、とても大切な道でもあります。ユングが「人生の前半」の課題のひとつと見なしたこの働くことについて、こころの成長という観点から一緒に考えていきましょう。

●第6回 配信予定日:2021年6月16日(水)お申込み
愛すること
「無意識はまず運命として姿を現す」。ユングはいろいろな機会にこんな風に語っていました。この言葉を実感するための、もっとも身近な形が恋愛でしょう。親しくなること、共に生きること、そして愛すること。私たちにとって大切な、ただし困難な、このこころの課題について考えてみましょう。


※学び舎講座は、ご質問、課題提出はございません。



 
――短歌をつうじて、「読むと書く」の窓をいっそう開いてゆきましょう。

「短歌」という小さなかたちは、広大な風景や複雑な心情を注ぎ込むことのできる不思議な器です。万葉の昔から現代に至るまで、人々は折々の思いをこの器に注ぎ込んできました。歌を詠むことで人は自ら慰められ、力を得ることができるからでしょう。

本講座では「自分をみつめる」「働く日々」などのテーマごとにさまざまな歌を鑑賞し、普遍的な心情や時代背景などを読み解いてゆきます。鑑賞を重ねることは、作歌するうえで何よりの糧にもなります。
ご受講者の投稿された歌を鑑賞したり、アドバイスしたりするコーナーもございます。(短歌の募集は終了しております)

講師 松村由利子(歌人)
<略歴>1960年、福岡県生まれ。西南学院大学文学部卒。新聞記者として20余年勤めた後フリーランスライターに。歌集に『大女伝説』(葛原妙子賞)、『光のアラベスク』(若山牧水賞)など。著書に『31文字のなかの科学』(科学ジャーナリスト賞)、『与謝野晶子』(平塚らいてう賞)、『短歌を詠む科学者たち』など。沖縄県石垣市在住。

■若松からのコメント■
長く歌を「読んで」きましたが、どうしても「詠む」ことができませんでした。五七五七七で言葉をつむいでも、どこかわざとらしいのです。「読む」と「書く」は、呼吸のように行われるのですが、もし、歌を「詠む」ことができれば、「読む」方にもよい影響が必ずあると思います。
松村由利子さんは複数の賞を受賞している歌人であるだけでなく、随想、評伝の書き手としても評価の高い方です。
歌を詠むだけでなく、歌を扉にして、言葉と出会い直すことができるのではないかと心躍らせています。
ひとりの聴講者として私も参加します。ご一緒に歌を学べるのを楽しみにしております。



※各回、講座内容は異なりますので、一回ずつでもお楽しみ頂けます。

●第2回 配信予定日:2021年5月12日(水)お申込み
風景を切りとる
現代人は日常の風景に目をとめる余裕もなく、慌ただしく過ごしています。古今の歌人が詠んだ風景を味わい、日本に暮らす喜び、また地球という星の美しさを堪能しましょう。想像上の風景を詠んだ歌も愉快です。
「どんなにかさびしい白い指先で置きたまいしか地球に富士を(佐藤弓生)」

●第3回 配信予定日:2021年6月2日(水)お申込み
大切な人への思い
恋に落ちたとき、家族と離れ住むとき……人の思いは千年前も今も変わりません。そのことを数々の歌で確かめながら、表現の移り変わりを味わいます。
「相思はぬ人を思ふは大寺の餓鬼の後に額つくごとし(笠女郎)」
「日々生まれ替はる私の細胞のどこがあなたを恋してゐるのか(片岡絢)」

●第4回 配信予定日:2021年7月7日(水)お申込み
働く日々
会社勤めや家事や育児……人はみな何らかの仕事を果たして日々を過ごしています。働くつらさはもちろん、働く喜びもまた多く詠まれています。
「トレーラーに千個の南瓜と妻を積み霧に濡れつつ野をもどりきぬ(時田則雄)」
「たぶん親の収入超せない僕たちがペットボトルを補充してゆく(山田航)」

●第5回 配信予定日:2021年8月4日(水)お申込み
みんな子どもだった
子どもを詠んだ歌には、特別な輝きと温かみがあります。かつて子どもだったころを思い出し、親の愛情を思い出すことで誰もが元気をもらえます。
「押入にひそむこの子よ父われのわるきところのみ伝はりけらし(斎藤茂吉)」
「喘息と言われた子供の咳を聞く聖書のように医療書を読み(川本千栄)」

●第6回 配信予定日:2021年9月1日(水)お申込み
老いと死をみつめる
近しい人との別れの悲しみは、どんな時代も変わりません。高齢社会では介護の歌も増えており、生の本質を突きつけてきます。
「私が死んでしまえばわたくしの心の父はどうなるのだろう(山崎方代)」
「癌センター二度と来なくていいのよと冷たき指に触れてささやく(平岡三和子)」

※学び舎講座は、ご質問、課題提出はございません。


<NEW>
 
  日本は四季それぞれの風物に恵まれています。折々の風景やさまざまな花、自然の恵みなどを楽しみながら、私たちの思いも季節の移ろいと共に変化します。万葉の昔から、人々は花を愛でつつ自分の人生と重ね、変わらぬ自然の風景と人間の生のはかなさを歌に詠んできました。昔ながらの田園風景だけでなく、都会の風景も季節の変化を映し出します。四季のなかで私たちは何を感じ、何を思ってきたのか、優れた短歌を鑑賞しながら、それぞれの季節の美しさ、楽しさ、そしてそこに生きる喜びを味わいたいと思います。
ご受講者の投稿された歌を鑑賞したり、アドバイスしたりするコーナーもございます。(短歌の募集は終了しております)

講師 松村由利子(歌人)
<略歴>1960年、福岡県生まれ。西南学院大学文学部卒。新聞記者として20余年勤めた後フリーランスライターに。歌集に『大女伝説』(葛原妙子賞)、『光のアラベスク』(若山牧水賞)など。著書に『31文字のなかの科学』(科学ジャーナリスト賞)、『与謝野晶子』(平塚らいてう賞)、『短歌を詠む科学者たち』など。沖縄県石垣市在住。

●配信予定日:2021年5月26日(水)お申込み

※学び舎講座は、ご質問、課題提出はございません。




※音声講座は「読むと書く」会員様のみお申込み頂けます。会員証をお持ちでない方は、初めての方はこちらよりお申し込み下さい。
初めての方はアンケート・課題を当事務局で確認後のご入会およびご入金となりますので、お申込のタイミングにより、配信が遅れる場合がございます。お早めにお申込下さい。
※決裁完了後にダウンロードできるPDFをご確認下さい。決済完了後、配信予定日になりましたら聴講URLをメールでご案内致しますので、しばらくお待ち下さい。(コンビニ払いを選んだ方は、払い込みが完了した時点でお申込確定となります)
※レジュメはPDFをダウンロードする形でご用意致します。もし、プリンターがない場合は、コンビニプリントをご案内いたしますので、ご相談下さい。
※ご聴講期限は、配信より1ヶ月間です。期限内は何度でもお聴き頂けます。聴講はストリーミングのみとなります。ダウンロードはできません。
※ご質問はお一人様2問までお送り頂けます。なお、講座によっては質問や課題提出がない場合もございます。各講座の詳細をご確認下さい。

 



若松英輔「読むと書く」運営事務局
E-mail :info@yomutokaku.jp
営業時間:月−金/9〜17時(祝祭日・当社規定の休日を除く)
※営業時間外に頂いたご連絡は、翌営業日以降にご対応させて頂きます。