ご自宅やお好きな場所で、お好きな時間にお聴き頂ける音声講座です。
読むことや書くことと向き合うことで、少しでも心が癒やされたり、穏やかな気持ちになったり、いつもの時間や生活に「人生の深まりや意味」を見い出すお手伝いができたらと、若松ともども願っております。


【講座内容】
・音声講座(URLクリックで簡単にお聴き頂けます)
・レジュメ
・課題提出&若松のコメント返送あり
・質疑応答(詳しくは下をご覧下さい)
※学び舎や入門編など、講座によっては形態が異なる(課題提出・質問・レジュメがないなど)ものもございます。

🎧【お試し版】読むと書く入門
🎧【お試し版】柳宗悦「美の法門」

ポイント1 普段の講座がご自宅でも
気軽に外出できない時や、遠方のかたでも。お好きな時間に、また、時間のないときは小分けに聞いてもOK。ご自身のペースでご受講頂けます。

ポイント2 課題提出&若松のコメント付き
通常の講座と同じように、課題提出もして頂けます。

ポイント3 ご質問に若松がお答えします
お一人様2問まで、ご質問を承ります。若松からのこたえを録音したものを、毎週アップ致します。

 ※学び舎や入門編など、講座によっては課題提出、質問がないものもございます。


【配信予定日】
各講座の詳細に記載がございます。

【販売期間】
配信日の9:00まで

【聴講期限】
配信より1ヶ月間

【お申し込み方法】
配信予定日のお申込みボタンより、お願い致します。(決済ページstoresに移動します。storesの会員登録は事務局の会員登録とは異なります。ゲストでもご決済頂けますが、stores会員登録をされますと、次回より登録情報の入力が省略できます。)

※音声講座は「読むと書く」会員様のみお申込み頂けます。
会員証をお持ちでない方は、初めての方はこちらよりお申し込み下さい。
初めての方はアンケート・課題を当事務局で確認後のご入会およびご入金となりますので、お申込のタイミングにより、配信が遅れる場合がございます。お早めにお申込下さい。
※文章をお書きになることをお仕事とされている方のご参加は、恐れ入りますがご遠慮頂いております。
※ご入会頂けない場合もございますので、あらかじめご了承下さい。
※初めての方は講座参加費に加え、入会金5,500円(税込)を頂戴いたします。





講座一覧

※音声講座は「読むと書く」会員様のみお申込み頂けます。会員証をお持ちでない方は、初めての方はこちらよりお申し込み下さい。
初めての方はアンケート・課題を当事務局で確認後のご入会およびご入金となりますので、お申込のタイミングにより、配信が遅れる場合がございます。お早めにお申込下さい。




<NEW>
 
 頭で考えられたのではなく、生きることとつながっている詩は、独特の響きを持っています。造られた言葉ではなく、生まれてきたコトバの旋律がそこにあるのです。
 詩を読むとはそうした「響き」に出会うことですし、詩を「書く」とはそうした「響き」を自己の内面に見つけようとすることにほかなりません。茨木のり子の詩は、そうした言葉にならない詩の秘密を私たちに教えてくれます。
 今回の講座では5回にわたって、茨木のり子の生涯を詩と共に味わってみたいと考えています。 「魂」「土地」「季節」「自分」「時代」「聖者」「愛」など彼女が歌った主題は、私たちの生活と人生とも深く、強く共鳴するものになると思います。 (講師:若松英輔)

【受講料】各6,050円(税込)
【講座時間】約90分(約45分×2)
【課題】含まれています
【質問受付】あり
※第二回〜第五回は実際の講座を録音したものです。

●第1回 詩人が「魂」を歌うまで――第一詩集『対話』と詩集『見えない配達夫』を中心に
配信予定日:2021年6月23日(水) お申込み
【テキスト】茨木のり子『言の葉』1(ちくま文庫)

●第2回 詩は自分への手紙である――詩集『自分の感受性くらい』を中心に
配信予定日:2021年6月30日(水) お申込み
【テキスト】茨木のり子『言の葉』2(ちくま文庫)

●第3回 自分を生きる――詩集『倚りかからず』を中心に 
配信予定日:2021年7月7日(水) お申込み
【テキスト】茨木のり子『言の葉』3(ちくま文庫)


●第4回 茨木のり子の遺稿を読む――遺稿詩集『歳月』の世界
配信予定日:2021年8月4日(水) お申込み
【テキスト】『茨木のり子詩集』(岩波文庫)


●第5回 茨木のり子と韓国文学――エッセイ集『ハングルへの旅』を中心に
配信予定日:2021年9月1日(水) お申込み
【テキスト】茨木のり子『ハングルへの旅』(朝日文庫)




<NEW>
 
 1990年12月、『ミラノ 霧の風景』の刊行によって、須賀敦子は作家として世に登場します。周囲は大きな驚きをもってこの一冊を迎え入れました。誰にも似ていない文体、そして物語と視座、さらに人生に裏打ちされたヨーロッパを語る言葉に人々は魅了されました。
  しかし、刊行から30年を経た今、この本を読み直してみると、この作品の底を流れているのは、まさに「愛しみ」というべき「かなしみ」であることが分かります。須賀敦子の言葉を読み解こうとするとき、「霧」は、もっとも大切な鍵となる言葉の一つです。この作品を中心にしながら、須賀敦子にとっての「霧」の彼方とは何かも考えてみたいと思います。(講師:若松英輔)

【受講料】各6,050円(税込)
【講座時間】約90分(約45分×2)
【課題】含まれています
【質問受付】あり
【テキスト】『須賀敦子全集』第一巻(河出文庫)
※この音声講座は実際の講座を録音したものです。

●第二回 配信予定日:2021年7月14日(水)お申込み
●第三回 配信予定日:2021年8月18日(水)お申込み
●第四回 配信予定日:2021年9月15日(水)お申込み


<NEW>
 
  この本の第一章は「たましいについて」です。河合隼雄にとって心理学とは、ある意味で「たましい」の学でもありました。この本で河合は、「共時性」「死」など、それまで語るのに慎重だった問題を本格的に語ります。これまで河合隼雄の本は、何冊読んできたか分かりませんが、この本に出会ったときの衝撃は今も忘れることができません。
その存在を知ったのは、遠藤周作のエッセイであったことも忘れがたい経験です。この本で河合は、狭い意味での合理主義を超えた、新しい叡知の地平を語ろうとします。
科学と「ふしぎ」を対立させるのではなく、そこに心とは何かを照らし出す、豊かな果実を見出すこと、それが河合隼雄の悲願だったのかもしれません。
この一冊を読むことで、科学を否定しない、しかし、科学には収まらない世界を感じ直してみたいと思います。 (講師:若松英輔)

【受講料】各6,050円(税込)
【講座時間】約90分(約45分×2)
【課題】含まれています
【質問受付】あり
【テキスト】河合隼雄『宗教と科学の接点』(岩波現代文庫)
※この音声講座は実際の講座を録音したものです。

●第一回 配信予定日:2021年6月23日(水)お申込み
●第二回 配信予定日:2021年7月21日(水)お申込み
●第三回 配信予定日:2021年8月25日(水)お申込み


<NEW>
 
   『論語』は理念や理論の書ではありません。徹底的な「生活の書」です。苦しいとき、悲しいとき、あるいは試練に直面しているとき、どのように次の一歩を探していくことができるか。『論語』は、そんな人生のヒントにあふれています。  
 そして、『論語』はじつに平易な、完結な言葉で書かれています。今回は、現代語訳を用いながら講座を進めて行きますので、漢文が苦手だ、という方でもお気軽にご参加いただけます。  
 聖人・孔子から学ぶだけでなく、挫折の人・孔子からもたくさんのことを学べたらと思っています。 (講師:若松英輔)

【受講料】4,400円(税込)
【講座時間】約90分(約45分×2)
【課題】なし
【質問受付】なし
【テキスト】『論語』 (金谷 治訳注・岩波文庫) (テキストをご準備下さい。レジュメはございません。※補助資料が一枚ございます。)
※この音声講座は実際の講座を録音したものです。

●第五回 配信予定日:2021年6月30日(水)お申込み
p.55-69「八いつ第三(「いつ」はにんべんに八に月)」の七から二六まで。
この第三章は、論語の中の小さな山場のひとつで読み解きづらいところもありますが、その中にある、現代人が見過ごしてしまっているものがちらりと垣間見えたり、一つの言葉が自分の鍵になったりすると、この論語という叡知の書物は自分の将来の宝になります。一つの言葉から世界が開けてくることがあります。若松と一緒に読み解いていきましょう。




<学び舎講座>

【受講料】各4,620円(税込) 【講座時間】約90分
※学び舎では、若松以外の講師をお呼びして、様々な講座を行っています。
※学び舎の音声講座は実際の講座を録音したものです。
※学び舎は、課題提出および質疑応答はございません。

<NEW>
 ギリシアの哲学者アリストテレス(前384-322)の『ニコマコス倫理学』は、「倫理学」という学問を史上初めて体系化した古典中の古典です。
 アリストテレスの倫理学は、「幸福論的倫理学」と呼ばれます。人間はどのように生きれば幸福になることができるのかという人生の根本問題こそが、『ニコマコス倫理学』の取り組んでいる問題にほかならないのです。哲学書としては比較的平易なこの書物を、この講座では、冒頭から丁寧にわかりやすく読み解いていきます。
 この書物は、中世を代表する哲学者トマス・アクィナス(1225頃-1274)などにも多大な影響を与え、現代においても、「倫理学」や「社会哲学」について考察するさいに極めて頻繁に引用・援用され続けています。たとえば、現代を代表する哲学者の一人であるアラスデア・マッキンタイアは、『美徳なき時代』において、『ニコマコス倫理学』に依拠した「徳倫理学」を展開し、世界中に多大な影響を与えています。『ニコマコス倫理学』を読み解くことは、古代から現代に至る西洋哲学の豊かな歴史に親しんでいくための最善の入り口にもなります。

講師 東京大学教授 山本芳久
東京大学教授。1973年生まれ、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。専門は哲学・倫理学(西洋中世哲学・イスラーム哲学)、キリスト教学。『トマス・アクィナス 理性と神秘』(岩波新書)でサントリー学芸賞受賞。著書に『トマス・アクィナス 肯定の哲学』(慶應義塾大学出版会)、『トマス・アクィナスにおける人格(ペルソナ)の存在論』(知泉書館)がある。

※各回、講座内容は異なりますので、一回ずつでもお楽しみ頂けます。
※テキストとして、アリストテレス『ニコマコス倫理学(上)』渡辺邦夫・立花幸司訳、光文社古典新訳文庫(2015年)を各自お手元にご用意下さい。

※この音声講座は実際の講座を録音したものです。

●第2回 配信予定日:2021年6月23日(水)お申込み
「倫理学」とは何か (『ニコマコス倫理学』第一巻)
アリストテレスの倫理学は、「幸福論的倫理学」と呼ばれます。人間はいかにすれば幸福になれるかという観点から構築された倫理学という意味です。「義務」や「禁止」といった概念を軸に展開される「義務論的倫理学」と対比しながら、アリストテレスの倫理学の基本構造を説明します。

●第3回 配信予定日:2021年7月7日(水)お申込み
「徳」とは何か (『ニコマコス倫理学』第二巻)
「幸福」は「幸運」と同じではありません。たとえ様々な幸運に恵まれていても、その幸運を生かすための人間的な力量が欠如していれば、人間は幸福な人生を送ることはできません。そうした力量のことをアリストテレスは「徳(アレテー)」と呼びました。「徳」とは何であり、どのようにして身につけることができるのか、お話しします。

●第4回 配信予定日:2021年7月21日(水)お申込み
「勇気」と「節制」 (『ニコマコス倫理学』第三巻)
「徳」の中でも最も重要な徳として、アリストテレスは、「賢慮(判断力)」「正義」「勇気」「節制」という四つの徳を挙げています(後の時代に「枢要徳」という言葉で呼ばれるようになります)。その中から、私達にとっても身近な「節制」と「勇気」という「徳」について詳しく考察していきます。

●第5回 配信予定日:2021年8月4日(水)お申込み
様々な「徳」 (『ニコマコス倫理学』第四巻)
アリストテレスは、「枢要徳」以外にも実に様々な「徳」について考察しており、現代の私達にとってもとても身近で参考になる論述が数多くなされています。「気前良さ」「物惜しみのなさ」「志の高さ」「温和さ」「機知」「羞恥心」といった具体的な「徳」についてわかりやすくご説明していきます。

●第6回 配信予定日:2021年8月18日(水)お申込み
「正義」とは何か (『ニコマコス倫理学』第五巻)
「正義」とは、対人関係において発揮される「徳」のことです。他者を他者として尊重し、社会を社会として尊重する力と言えましょう。社会の中で他者と共に生きていかざるをえない私達は、どのような力を身につければ充実した共同生活を送ることができるのでしょうか。そのような観点から「正義」の徳について考察していきます。

※レジュメはない場合がございます。
※学び舎講座は、ご質問、課題提出はございません。




 
――短歌をつうじて、「読むと書く」の窓をいっそう開いてゆきましょう。

「短歌」という小さなかたちは、広大な風景や複雑な心情を注ぎ込むことのできる不思議な器です。万葉の昔から現代に至るまで、人々は折々の思いをこの器に注ぎ込んできました。歌を詠むことで人は自ら慰められ、力を得ることができるからでしょう。

本講座では「自分をみつめる」「働く日々」などのテーマごとにさまざまな歌を鑑賞し、普遍的な心情や時代背景などを読み解いてゆきます。鑑賞を重ねることは、作歌するうえで何よりの糧にもなります。
ご受講者の投稿された歌を鑑賞したり、アドバイスしたりするコーナーもございます。(短歌の募集は終了しております)

講師 松村由利子(歌人)
<略歴>1960年、福岡県生まれ。西南学院大学文学部卒。新聞記者として20余年勤めた後フリーランスライターに。歌集に『大女伝説』(葛原妙子賞)、『光のアラベスク』(若山牧水賞)など。著書に『31文字のなかの科学』(科学ジャーナリスト賞)、『与謝野晶子』(平塚らいてう賞)、『短歌を詠む科学者たち』など。沖縄県石垣市在住。

■若松からのコメント■
長く歌を「読んで」きましたが、どうしても「詠む」ことができませんでした。五七五七七で言葉をつむいでも、どこかわざとらしいのです。「読む」と「書く」は、呼吸のように行われるのですが、もし、歌を「詠む」ことができれば、「読む」方にもよい影響が必ずあると思います。
松村由利子さんは複数の賞を受賞している歌人であるだけでなく、随想、評伝の書き手としても評価の高い方です。
歌を詠むだけでなく、歌を扉にして、言葉と出会い直すことができるのではないかと心躍らせています。
ひとりの聴講者として私も参加します。ご一緒に歌を学べるのを楽しみにしております。



※各回、講座内容は異なりますので、一回ずつでもお楽しみ頂けます。
※この音声講座は実際の講座を録音したものです。

●第4回 配信予定日:2021年7月7日(水)お申込み
働く日々
会社勤めや家事や育児……人はみな何らかの仕事を果たして日々を過ごしています。働くつらさはもちろん、働く喜びもまた多く詠まれています。
「トレーラーに千個の南瓜と妻を積み霧に濡れつつ野をもどりきぬ(時田則雄)」
「たぶん親の収入超せない僕たちがペットボトルを補充してゆく(山田航)」

●第5回 配信予定日:2021年8月4日(水)お申込み
みんな子どもだった
子どもを詠んだ歌には、特別な輝きと温かみがあります。かつて子どもだったころを思い出し、親の愛情を思い出すことで誰もが元気をもらえます。
「押入にひそむこの子よ父われのわるきところのみ伝はりけらし(斎藤茂吉)」
「喘息と言われた子供の咳を聞く聖書のように医療書を読み(川本千栄)」

●第6回 配信予定日:2021年9月1日(水)お申込み
老いと死をみつめる
近しい人との別れの悲しみは、どんな時代も変わりません。高齢社会では介護の歌も増えており、生の本質を突きつけてきます。
「私が死んでしまえばわたくしの心の父はどうなるのだろう(山崎方代)」
「癌センター二度と来なくていいのよと冷たき指に触れてささやく(平岡三和子)」

※学び舎講座は、ご質問、課題提出はございません。




※音声講座は「読むと書く」会員様のみお申込み頂けます。会員証をお持ちでない方は、初めての方はこちらよりお申し込み下さい。
初めての方はアンケート・課題を当事務局で確認後のご入会およびご入金となりますので、お申込のタイミングにより、配信が遅れる場合がございます。お早めにお申込下さい。
※決裁完了後にダウンロードできるPDFをご確認下さい。決済完了後、配信予定日になりましたら聴講URLをメールでご案内致しますので、しばらくお待ち下さい。(コンビニ払いを選んだ方は、払い込みが完了した時点でお申込確定となります)
※レジュメはPDFをダウンロードする形でご用意致します。もし、プリンターがない場合は、コンビニプリントをご案内いたしますので、ご相談下さい。
※ご聴講期限は、配信より1ヶ月間です。期限内は何度でもお聴き頂けます。聴講はストリーミングのみとなります。ダウンロードはできません。
※ご質問はお一人様2問までお送り頂けます。なお、講座によっては質問や課題提出がない場合もございます。各講座の詳細をご確認下さい。

 



若松英輔「読むと書く」運営事務局
E-mail :info@yomutokaku.jp
営業時間:月−金/9〜17時(祝祭日・当社規定の休日を除く)
※営業時間外に頂いたご連絡は、翌営業日以降にご対応させて頂きます。